So-net無料ブログ作成
妊娠・出産 ブログトップ
前の10件 | -

もう1週間、、、 [妊娠・出産]

あと5時間くらいで、出産してからもう1週間経ってしまいます。
明日が「お七夜」になるんですね。
名前は、昨日出生届を提出し、正式に「貴之」に決まりました。
ブログネームはどうしよう。。。「たーぼー」でいいか(笑)。



そして明日、22日はパパの誕生日。
さすがになんにも用意してないけど、いいよね…。
今日のハンバーグ、明日にすればよかったなぁ
(笑)パパの大好物なので。




おととい退院してから、家族5人の生活が始まりました。


 ケーキ♪.jpg
          退院の日、おばぁちゃまが買ってきてくれたケーキ♪



昨日までパパが休みを取っていたし、
今日も朝からおばぁちゃまが来てくれたし、
なにより、たーぼーがひたすらよく寝てくれるので、
今のところ、生まれる前とそんなに変わらない程度の忙しさです。
ゆうた2号も、昨日からまた幼稚園に行き始めました。




ママは、妊娠中と出産中は本当に、ヘタレというか、ダメダメですが、
出産後はものすごく元気です。



入院中も、1ヶ月検診が、ゆうた2号の遠足の日と重なりそうだったので、

「日にち変えてもらえるかなぁ…?」

と言っていたら、他のママさんたちにいっせいに、

「まさか、産後1ヶ月で遠足行く気?!」
「うそでしょー!」

と、驚かれてしまいました。。。

ゆうた2号を産んだ時も、産後1ヶ月でライブ行っちゃったし、
ママとしては遠足くらい余裕で行けちゃうつもりだったのですが、
さすがにあんまりみんなに反対されるので、遠足はやっぱり
パパに行ってもらうことにしました。パパ、会社休み過ぎだけど。


でもそういわれてみれば、退院してからすぐ普通に生活していて、
やっぱりちょっと疲れやすいような気がします。



退院前、看護士さんに、「ほこりでは死なないんだから、掃除とかがんばっちゃダメよ!」と
念を押されましたけど、掃除も、料理も、洗濯も、片付けも、子育ても、
ママがやらなくちゃどうにもならないんですけど、どうしたらいいんでしょう?(笑)


でも今日は、おばぁちゃまが午後、ゆうた2号といくみを実家に連れて行ってくれて、
2人をお風呂に入れてきてくれたので、その間、たーぼーも寝ている隙に、
1時間くらい昼寝できました。

本当に助かります。


入院中からずっと(じゃないや、その前からずーっとずーっと・笑)
実家にはお世話になりっぱなしで、ママはちっとも苦労してなくて
申し訳ないです。。。

でもその分、できるだけたーぼーの赤ちゃん時代をしっかりと
記憶に残していきたいと思います。
じゃないと、忙しくて全然赤ちゃんの頃を覚えてない、、、なんてなっちゃいそうで。




授乳中、まだツーンとした痛みが走るのですが、
そうすると、産後のマタニティブルーみたいな、なんだかよくわかんないけど
妙に切ない気持ちになって、無事に生まれてきてくれた安堵感と、喜びと、
そして、たーぼーの未来に対する責任感と、少しの不安と、いろいろが入り混じって
泣けてきちゃったりしますが、これからもがんばって、そして楽しく、
子育てしていきたいと思います[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]



 沐浴中.jpg
    自宅での初めての沐浴。ママ、まだ入院中につけられた腕の名札を取れないでいます(笑)




そうだ、昨日書き忘れていましたが、分娩の準備が出来てすぐ、最大の陣痛が来たのは、
助産師さんが、破水させてくれたからだったのでした。


今はまだ、なんにもわかってないような赤ちゃんが、「よーし、いくぞー!」って
ママのお腹から出てくる準備をして、生まれてくるっていうのは、
想像しただけでやっぱり泣けちゃいますね。。。

・・・ママ、1週間経っても、まだなんか興奮してるのかな…すぐ涙が出てきてしまいます(笑)。

 


nice!(1)  コメント(4) 

出産記 [妊娠・出産]

忘れないうちに、今回の出産のことを書いておこうと思います。



予定日、4月14日の前日、13日の夜10時頃、おしるしがありました。
「やっぱり前日から始まった~~~!」と思っていましたが、
結局、陣痛は来ないまま、14日の朝を迎えました。



そして14日。朝10時40分頃、最初の陣痛が来ました。
でもこれは前駆陣痛。
陣痛と陣痛の間隔が定まらず、1時間あいたり、30分で来たり。


陣痛が来ると、きゅーっと強くお腹が張って痛いのですが、
耐えられないほどではありません。


そして夜になってしまいました。



夜、8時半頃から、陣痛の間隔が20分前後になりました。
いよいよ本格的な陣痛が始まった~~~~[がく~(落胆した顔)] 怖いよ~~~~!



ひたすら、恐怖です。

でもまずここで落ち着かないと、進まなくなる…と思ったので、
テレビを見て気を紛らわせようとしました。

が、お笑い番組を見てもちっとも笑えない[たらーっ(汗)]


パパは、「長丁場になるぞ~」と言って、
ぐーすか寝始めました。・・・ちっ、ひとりだけ寝ちゃったよ…[むかっ(怒り)]


しかし、寝ちゃうと陣痛も止まってしまうと聞いたので、寝ておきたいけど我慢。。。


(そうそう、ゆうた2号といくみは、夜中に陣痛が始まることを予想して、
実家にお泊りしています。)



そうこうするうちに、夜10時。
あっという間に陣痛の間隔が10分前後になってきたので、
いよいよ産院に電話。


「入院の支度をして、来てください」

と言われたので、夜10時40分、出発。
夜11時過ぎ、産院到着。
陣痛の間隔は、早くも5分間隔に。


さっそく内診してもらった結果、子宮口が4センチ開いているというので、
そのまま入院。

LDR室に入りました。


そしてどんどん強くなる陣痛。


恐怖が募り、ママ、予想通りパニック状態になってきました。




恥を承知で書きますが・・・

 

「帝王切開してください!」「今すぐ麻酔して眠らせてください!」


と騒ぐこと、2時間半…[ふらふら]




助産師さんも困ってるし、パパも必死で思いとどまらせようと、
ママを怒ったり説得したり。

でも迫り来る、最大の陣痛が怖くて怖くて、
泣きながら、「麻酔して~~~」と叫んでました。

もちろんベッドになんか寝てません。

 

しかし、日付も変わって、15日午前1時半過ぎ。


「もしかして、怖い、痛い、と思うから、怖いし、痛いのかも」

「で、だから進まないのかも」


「みんなに、がんばるね、って言って出てきたのに、全然がんばってないし」

「貴之くんにも、失礼だよね」

 


と、我に返りました。(遅いけど)


で、そこからはなんとかベッドに横たわり、(遅いけど)


「痛くない、怖くない、痛くない、怖くない・・・」

と呪文のようにつぶやきながら、陣痛を堪えました。

 

パパは、ママがあまりにも突然静かになって、
ブツブツ言ってるので、

「とうとう精神が崩壊した・・・」

と思ったそうです。

 

が、するとママ、なんだか思ってたより痛みが大きくないことに気づきました。
もっとものすごい痛みだった記憶があるのに、まだそんなでもないじゃん…。


すると急にいきみたくなってきました。


助産師さんを呼んで内診をしてもらうと、

「じゃあ、そろそろ分娩の支度をしようね」

と言われました。

 

・・・え?もう???

 

そしていよいよ分娩の支度ができたのが、午前2時50分過ぎ。
助産師さんが、「先生呼んでください」と看護士さんに言ってるのが聞こえました。

え、もうそんなに進んだの???


「もうちょっとですか?」

と聞くと、

「もう子宮口が全開に近いから、いきみたくなったらいきんでいいよ」

と言われました。


えー!こんなに早く?!・・・しかし、よっしゃー!いきむのは得意だし!!!

 

・・・が、いきめません。。。[たらーっ(汗)]

 

「あの…どうやるんでしたっけ?」

 

「まだいきめないよ、だってまだ痛くないでしょ?うんと痛くなった時じゃないと」



「でももう少しですよね、あとちょっとで終わりますよね?
いくみが、3時3分に生まれてるんです、同じ時刻に産めますか?」

 

「ん~、それはちょっと間に合わないかな~」

 

「でも、ゆうたみたく午前6時39分にはならないですよね?」

 

「そこまではかからないよ!」

 

と、助産師さんと話してるうちに、いきなりやってきたビッグウェーブ!
超特大の陣痛が襲ってきました。


ぎぇ~~~~~~~!!!!!

 

でも、もうあとほんのちょっとがんばれば、赤ちゃんが出てくる!
だからがんばれっ、ママ!!!

 

そして全力でいきむこと、3、4回。

出た~~~~~!・・・お、終わった・・・!!!

 

 

「すごい!3時3分!!!」

 

えー!!!

 

・・・というわけで、分娩の支度が整ってからは、10分もかからないで
産めました。

 

「安産でしたよ」

 

・・・そりゃそうですね…。
最初、あんな大騒ぎしなきゃ、もっと時間短縮できたかもしれないですね…。

 

で、その後は、胎盤を出すのも、縫われるのも、後陣痛も、

「こんなに痛かったでしたっけぇえええ?!」

とまた叫びたくなるほどの痛みでしたが、
胸の上にのせられた貴之くんが、かわいくてかわいくて・・・
そしてホッとして。

夢のようでした。



陣痛が怖くて、その先の、赤ちゃんを抱っこするところまで全然想像できないでいたのに、
ものすごくあったかくて、小さい、かわいい赤ちゃんがいる。。。


がんばってよかったと、思いました。
やればできるじゃん。。。
3回目にしてやっと、出産のトラウマが払拭されたような気がします。

でももうヤダけど(笑)。



 

貴之くん、パパとママのところに生まれてきてくれて、
本当にどうもありがとう。


大切に、大切に、育てるね。


 3人きょうだい.jpg
 


nice!(1)  コメント(2) 

2週間切りました [妊娠・出産]

ついに4月になりました。予定日の14日まで、2週間を切ってしまいました。



過去2回の経験から予想すると、、、


今回は13日の夜中、日付が14日に変わった途端に陣痛が始まり…
しかしそれはいわゆる「前駆陣痛」というもので間隔が定まらず、
一晩苦しみながら夜が明け、そして翌日も延々ダラダラとした陣痛が続き、
夕方になっておしるしがあり、そしていよいよ破水…。

その頃には、寝不足で頭痛もするのでやっと産院へ。
しかし、全然子宮口が開いてないのでまだまだと言われ…
1人病室でじっと耐える…。

で、いよいよ間隔が短くなって、やっと陣痛室へ…
しかしまだ子宮口は開いていない。
が、痛みはどんどん増し、ベッドに寝ていられなくなり、
まさに七転八倒。。。

耐え切れなくなって、ようやく分娩台にのせてもらったところで
子宮口はまだ半分しか開いていない。。。

このあたりではもう半狂乱…というか、半分どころじゃない、
8割狂ってます。

で、また日付が変わっちゃって、もうダメだ~死ぬ~~というところで
やっと「いきんでいいよ!」と言われ、すでにもう声が出ないので
声無き叫びをあげつつ数回いきんで出産…!
日付は16日未明になっている・・・。




はあああああ。。。

またこんなパターン…???

いやいや…今回こそはスパッとサクッと産むのだ…![ふらふら] 神様~~~




ところで、そんな後ろ向きなことばかりでなく、
ゆうた2号といくみのことを書きます。。。



ゆうた2号がいつのまにかカタカナが読めるようになっていました。
まったく教えていないし、ひらがなみたいにポスターを貼ったりしてるわけでもなく。


子どもってすごい。

いくみもいつのまにか、ワン、ツー、スリー、フォー…テン!
と、英語で10まで数えられるようになっている…。


楽でいいわ。。。




そんな2人ですが。

ママの膝に、いつの間にか擦り傷があって、赤くなっていました。

で、今日の昼、ついソファでうとうとしていたら(妊婦はやたら眠いのです)
ヒリヒリしていたその傷がもっと痛くなってきて目が覚めました。

気づくと、ゆうた2号といくみが、ママのその膝の傷を、
それぞれおままごとの包丁を持って、スリスリしていました。。。 

なにしてんのよーーーーー!!!!![がく~(落胆した顔)]

もともとの擦り傷もそうやってできたのか・・・???(それは謎)


それから、食べることが大好きな2人。
これはパパの遺伝子。ママもかもしれないけど。


しかしゆうた2号は味にうるさい。
特にポテトサラダ。


塩加減が気に入らないと、まったく食べません。


「ママ、胡椒(たぶん塩のこと)が足りないよ!」



で、今日のポテトサラダはいい味にできたみたい。


「ママ、塩加減がちょうどいい!」

 

・・・生意気だ。

 

そしていくみまで、

 

「まま、しおかげんがちょーどいいー」

 

生意気すぎる。。。[ふらふら]


 ランチバイキング♪.jpg
      「ママのお料理よりおいしい~」と言われたランチバイキング。ふん。




 よく食べます.jpg
                     この人もよく食べます。


nice!(0)  コメント(2) 

誕生日でした [妊娠・出産]

日付が変わってしまったので、もう昨日ですが・・・
3月29日は、ママの誕生日でした。


「年を取る」と思うと、もはや全然おめでたくないような気がしますが、
「母に産んでもらった日」だと思うと、やっぱり大切な日だなぁ…と、
産む側になってやっと、そう思います。。。



お祝いメッセージも、プレゼントも、たくさんいただきました[揺れるハート]
みなさま、どうもありがとうございます!



そしてお腹の赤ちゃんですが、24日(水)で37週に突入し、
「産み月」に入ったわけですが、26日(金)の検診では、
やっぱり「まだまだ」みたいです。


推定体重は2700gを超えているので、この時点ですでに40週と1日で生まれた
ゆうた2号の出生体重2675gを超えてしまっているわけですが、
発育の程度は平均的らしく、、、このまま予定日まで出てこなければ、
3000gを超えて出てくるんでしょうねぇ。
40週と2日で、3115gだったいくみと同じくらいかなぁ。



しかしまたあの陣痛と延々戦うのかと思うと、鳥肌が立つというか・・・
恐怖におののいてしまいますが、なんとか赤ちゃんが無事に、
そしてママ自身もなるべく正気を保って産みたいと、、、切実に願う日々です。。。




話は変わって。


20日(土)に、ママの弟その1の奥さん、みほちゃんのお店に行ってきました[るんるん]


 Mies.jpg
             いくみが座ってるのも、商品ですが。


こじんまりとしてるけれど、ちょっと覗きたくなるような、
ステキなお店でした。

西荻窪駅北口近くです。



 お買い上げ♪.jpg
ママが買わせてもらったのは、鉢カバー(でもキャンドルとか入れてもキレイかも、とのこと)と、
木のハンガーと、ディッシュクロス。


でも他にもいろいろ欲しいものがあって、、、食器とか花瓶とか、そういうのも
欲しかったんだけど。


また落ち着いたら、行きたいと思います[わーい(嬉しい顔)]





それから今月は、ゆうた2号、卒業の月。


25日(木)にはリトミック、そして26日(金)にはスイミングを卒業(?)しました。


     リトミック.jpg
リトミックでは、卒業のメダルをかけてもらって、お菓子ももらいました。ついでにいくみも。



もうすぐ激動の4月。


いろいろと用意すべき物も、揃いました。(お金に羽が生えていた[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
ママは髪の毛もバッサリと切りました。



さあ!いつでも出ておいで~~~~~貴之くん!!!(←命名。ほぼ決定)


nice!(1)  コメント(4) 

!!!!!男の子!!!!! [妊娠・出産]

今日は4週間ぶりの検診でした。


そしてついに性別判明


なんとっ!


ママの勘が見事にハズれ・・・「みゆうちゃん」は男の子でした!!!!!



えーっ!!!!


・・・人生、面白い(笑)


 

ゆうた2号の洋服は、もうけっこう人にあげちゃったんですけど・・・
また買う楽しみができていいか(笑)

で、名前なんですけど。。。「みゆう」じゃ、ねぇ。。。



「ゆうた」も「いくみ」も、パパに考えさせる余地もなく
ママが決めちゃいましたけど、今回はパパが、


「まさひろ」ってどうかなぁ?


と、さっき言っていました。

 

じぃじぃの名前の「昌」をもらって、
「ゆうた」の「裕」(パパの名前の1字でもある)で、

「昌裕」

だそうです。

あとは画数だな~。

ゆうちゃんまーくん。。。どっかで聞いたことがあるような(笑)。


しかもママの弟その1も「まさゆき」で「まーくん」なんですけど。




まぁ、春までじっくり考えます(笑)。

 


ところで19日(土)は、お友だちが主催する音楽会に行きました。
みんなで一緒に歌ったり、楽器を鳴らしたりもして、楽しい音楽会でした[るんるん]


 音楽会♪.jpg
      タンバリンを叩くいくみとゆうた2号。ノリノリ。



会場は、住宅展示場内のモデルハウスのリビングルーム。
こんなステキなおうちが欲しいなぁ…なんて思わされてしまいます。。。危険なとこです(笑)。

久しぶりにお友だちとも会えて、楽しいひと時でした。

 

それから今日は、また別のお友だちのおうちで
クリスマスパーティ~[バー]


これまた、子どもたちともども、ママも楽しいひと時でした。



お友だちのおうちでのんびりさせてもらっちゃって、
お風呂とご飯がいつもより遅くなってしまったので、ゆうた2号もいくみも、
夜ご飯を食べた後はバタンキュー[眠い(睡眠)]



そしていよいよあさっては、我が家のクリスマスパーティです。
いくみのプレゼントも、やっと用意できました。
それから今年もパーティバーレル、予約しましたよ~[わーい(嬉しい顔)] 


nice!(1)  コメント(4) 

16週2日 [妊娠・出産]

今日は、約4週間ぶりの産科検診に行ってきました。



赤ちゃんの成長ぶりはとても順調。
大きさも、ほぼ週数どおり。


で、今日はもしかして性別がわかるかな・・・と期待していましたが、
今日のところは、「ついてないようにも見えるけど、隠してるのかも」という
微妙な判定。

でもママの勘では、「女の子」なので、「やっぱりなー」というかんじ。


どちらかというと、男の子がいいかなぁ…と思ってはいたのですが、
なんとなく今回も女の子な気がするのです。



ゆうた2号の時も、いくみの時も、妊娠してすぐ「男の子だ!」「女の子だ!」と
わかって、実際その通りだったので、今回も当たってるんじゃないかなぁ…。
3度目にしてハズレたりして(笑)

自分でも不思議な感覚ですが、男の子か女の子か、こっち!と思った方の
名前しか思いつかないのです。



で、今回も、ひらめいた名前は「みゆう」ちゃん。
「ゆうた」「いくみ」と、ループしてるかんじ。
なので、また女の子かなぁ…と。でも男の子だったらどうしよう・・・思いつかない(笑)




それから話はかわって。

前回、「お尻が痛い」とブログに書きましたが、それを読んでくれた
お友だちから、

トコちゃんベルトをするといいよ!」

と教えてもらいました。


そういえば、産院でなんか「貸し出します」って張り紙がしてあったような・・・と
思ったので、今日、検診に行った時に掲示板を見てみたら、、、あった!!!


で、さっそく使い方を教わって、借りてきました。

 

なにこれ!すごい!!!

 

・・・3人目にして初めて知りました。

もっと早く誰か教えてよ(笑)

 

ゆうた2号の時も、いくみの時も、この痛みに悩まされたのに。

勝手に、「出産のために骨盤が開いてきて痛いんだから、しょうがないんだ」と
思ってました。


違うんじゃーん。。。


産後、骨盤を締めることの大切さはわかってるつもりでしたが、
妊娠中からケアできるなんて!

 

そんなわけで、5ヶ月に入って、かなりツワリもラクになってきて
(夕方ちょっと気持ち悪いくらい)
マタニティーブルーの時期も過ぎたのか、
「今さら知る、新しいことがあるなんて!」と、急になにもかもが
楽しみになってきたというか、すごいワクワク感が出てきました。
マタニティーハイとでもいいましょうか(笑)。
家族が増えることも、ものすごく嬉しい気持ち。



先日も、パパの恩師から電話があって、パパが、

「実は3人目ができまして・・・」

と報告しているのが聞こえたので、

「先生、なんて言ってた?」

と、パパが電話を切った後聞いたら、

「偉い!って。」

と。


もしかして、3人目を妊娠して、褒められたのは初めてだったかもしれない(笑)…ので、
ものすごく嬉しかったです。



ほんとに急に、 未来が明るくなってきた(笑)。

がんばるぞー!オー!



今日は写真が何も無いので。。。


  仲良くゲーム.jpg
午後、買い物に行った時、ゲームコーナーで遊ぶ2人。
3人になっても、一緒に乗れるかしら(笑)。


 


nice!(1)  コメント(3) 

お七夜 [妊娠・出産]

昨日の夜、1日早い「お七夜」のお祝いをしました


と言っても、お祝い膳を用意したりとかではなく、
ケーキを食べただけですが(笑)

 

     ↑ パパが退院の時に買ってきてくれたお花と、
面会に来てくれたお友達からいただいたお花とぬいぐるみと、ケーキ

 

   

 ローソクの火を消すのは、ゆうたお兄ちゃんの役目!

 

名前は、退院した日にパパが市役所に出生届を提出してきたので、
正式に「郁真(いくみ)」に決まりました。

   

 


ところで昨日の夜は、晩御飯の支度をしている時に
なぜかものすごく悲しくなってきて…
悲しくなる要素なんて何一つ無いのに、目に力を入れてないと
涙が溢れそうになってしまいました。
いわゆるマタニティブルーだと思います。

ゆうた2号の時は入院中になって、産院で一人、大泣きをしましたが
今回は退院してから襲われました。
あれはほんとになんなんだろう…。
「何にも悲しいことなんてないじゃん…!」と自分に言い聞かせているうちに
落ち着きましたが。

妊娠中よりは体はずっと楽だし、嬉しいことばかりなはずなのに
不思議なものです。



ただ、ゆうた2号が産まれてからずっとつけてきたゆうた2号の育児日記を、
陣痛が始まった20日で終わりにしたことだけは、
とてもとても淋しくて、最後に締めの言葉を書く時にはやっぱり泣きました。

でもこれからは、いくみの育児日記をつけつつ、
ゆうた2号のことも合わせて書いていけばいいかなぁと思っています。


今までゆうた2号一人に全力を注いできたけれど、これからはいくみにも
ゆうた2号にしてきたのと同じだけ力を注ぎたいし、
もちろんゆうた2号にも、なるべく今までどおり
接したいと思っています。

泣いてる場合じゃないよね!

 

それから、昨日の晩は、ゆうた2号が夜中に目を覚ますことなく寝てくれたので、
とても楽でした。
いくみは、夜中は寝てくれないのでずーっと抱っこしてましたが、
ゆうた2号と同時に泣かれなければ、あと1ヶ月くらいの辛抱だと思うので
がんばれそうです。

 

ゆうた2号は、ママの陣痛が始まる日までずっとママと一緒に寝ていたので、
初めて本当に離れて寝ることになった20日の夜は、本当に心配でしたが
(練習の時に夜中に「ママ!ママ!」と大騒ぎしたらしいので)
「ママは病院に行ってくるからね」と言い聞かせて出て行ったので、
「ママ、病院、赤ちゃん!」と言って、それからは一言も
「ママ」と言わず、ママの入院中、ずっといい子に寝てくれていたそうです。

面会に来てくれた出産当日の日以降、風邪をひいてしまって
高熱に苦しんだようですが、それでも「ママ」とは言わなかったようで、
両親が本当に感心していました。


が、退院して来た日の夜。

それまでガマンしていたのが爆発したようで、
じぃじぃとねんねしていたのに、夜中に目を覚ましたら、
「ママー!ママとねんねー!」と大号泣。

ママも、この1週間、どれだけゆうた2号がガマンしていたのかと思うと、
涙が止まらなくなりました。


がんばってお兄ちゃんになろうと思っていても、
やっぱり急には無理だよね。

昼間はお兄ちゃんぶって、いくみの寝ているベビーベッドに
おもちゃを持っていったり、自分の枕をのせて、「あげる」と言ったり、
けっこうお兄ちゃんらしくなってきたんだけどね。


いくみも、ゆうた2号も、そしてママ、パパも、
これから、みんなでゆっくり成長していこうね

 

 


nice!(1)  コメント(5) 

退院しました [妊娠・出産]

おととい、26日(金)に、無事産院を退院してきました


・・・で、それからほとんど寝れていません(笑)
ゆうた2号といくみともども、一緒に実家にお世話になっているのですが、
昼間は寝てる場合じゃないし、夜はゆうた2号といくみが同時に泣いて、
もうてんてこ舞いもいいとこです

自宅にも戻ってアイロンかけたりクリーニング出したり、片付けしたり…
はー

でも母(おばぁちゃま)が、
「2人になってもっと楽しくなってきたね~。
世界が変わったね~!」
と言ってくれて、ほんとにそうだなぁ…と思いました。
家族4人の生活が始まるのは、まだもうちょっと先だけど、
少しずつコツを覚えてがんばりたいと思います!

 

ところで、産院での入院生活は、本当に充実していて楽しかったです
もう、早く忘れなきゃ、というかんじ(笑)
また産みたくなっちゃいそうで…でももう体力的にも精神的にも
これ以上は無理だと自分に言い聞かせています。
それだけ、また壮絶な(自分では)出産でした

 

陣痛が始まったのは、予定日の20日、午後6時少し前でした。
腰が痛くなり始めて、「もしかしたら…陣痛?」という微妙な始まり方。
でもおしるしがあったので、いよいよだ!と思いました。
で、間隔を記録し始めましたが、15分になったり、1,2時間空いたりして、
強弱もマチマチ。

一応産院に電話して確認してみましたが、
「陣痛が15分間隔で、規則的になったらまた電話してくださいね」
とのこと。

結局そのまま夜が明け、そして翌21日もどんどん時間が過ぎていきました。
お昼ごろ、もしかして破水したかな…?という気がしたのですが、
これまた微妙だったので様子を見ることに。
陣痛は相変わらず不規則。

そして21日午後6時過ぎ。
「24時間経過したのに、まだ陣痛が規則的にならないのですが、
もしかしたら少し破水したかもしれないんですが…」と
また産院に電話してみると、
「破水したならすぐ来てもらわないと!」
とのことだったので(そりゃそうだよね)急いで支度をし、
ゆうた2号を実家にお願いしてパパと2人、産院に向かいました。


産院到着は21日午後8時半過ぎ。
診察の結果、やはり破水してるとのことで、そのまま入院になりました。

とりあえずは部屋で、陣痛が規則的になるのを待ち、
パパは一旦帰宅。
が。
産院についたら急にその気になったのか(?)ものの1時間ほどで
いきなり陣痛が5分間隔になり、痛みも激しくなってきました。

そして午後10時頃LDR室へ。パパもまた到着。


それからはもう…死闘!!!!!

冗談じゃなく、ほんとに死ぬかと思いました…。
目をつぶってしまうと気を失いそうになるので、必死で目を開けて、
パパに腰をさすってもらい、助産師さんに「行かないで~!」と叫び
(夜中だったので、他でナースコールがあるとどこかへ行ってしまう)
ものすごい大騒ぎをした挙句、日付が変わった22日午前3時3分
やっとの思いで、いくみを出産しました。


で、産み終わった瞬間に我にかえり、

「大変、お騒がせしました・・・


助産師さんは、「そんなことないわよ~」と言ってくれましたが(ものすごく優しい人でした)
ほんとに恥ずかしかった…。
でもすぐ1時間後に隣の部屋で出産した人も、同じくらい叫んでいたので
ちょっと安心しました(笑)


助産師さんには本当にお世話になりました。
出て行くとすぐにわたしがナースコールを押して呼び返すので(爆)
最後の方は、他のナースコールがあっても
「行っちゃダメなのよね?」と言って、ずっとついててくれました。


少し(というかかなり)残念だったのは、先生が代診の先生だったこと。
でも噂で聞いていたほどのんびりは縫われなくて(1時間かけて縫うと聞いていた)
大丈夫でした。


というわけで、無事母子ともに元気で、そして無事に退院してきました。
皆様、本当にありがとうございました!


ゆうた2号の微妙なお兄ちゃんぶりは、また改めて書きたいと思います!

 


nice!(0)  コメント(8) 

映画デビュー [妊娠・出産]

昨日で1歳と11ヶ月になったゆうた2号、

本日、映画デビュー しました。



・・・と言っても、「子役で映画に出た」のではなく
初めて映画館に映画を観に行った」のです


何を観たのかというと・・・

      そう、アンパンマン!!!


ゆうた2号は、ふだんアンパンマンのアニメをテレビで見ることはないので、
(一度見せたら、ドキンちゃんがアンパンマンにイジワルしてるのを見て、
とてもイヤがった
幼児雑誌やオモチャで、ちょっと馴染みがあるくらい。
(アンパンマン、バイキンマン、ドキンちゃん、メロンパンナちゃん、食パンマン、
カレーパンマン・・・くらいは、名前を言えますが)


それに、最近は妙にいろんなことを怖がる臆病者なので、
きっと映画なんて観に行っても、予告でギブアップするのではないかという
大方の予想…


でしたが、映画館に勤める、ママの弟その2 
(ゆうた曰く おじき ←弟その2が「叔父貴」と呼ぶよう教えた)が、
ゆうた2号にぜひ観に来てほしいとのことなので、思い切って行ってみることに
したのでした。


             イスに座って余裕、余裕。



・・・が、案の定、まず予告編が始まった時点で、ママにしがみつき、
「だめ だめ!」
「おじき!おじき!」
(←助けを求めている・・・横にはパパもいるのに)を連発

こりゃやっぱりダメか…と思いつつも、しばらく我慢させていたら
アンパンマンが始まると興味を持ち出し、スクリーンをじっと見るように。

途中、バイキンマンの攻撃シーンなどでは、やっぱりまた「だめ だめ!」と
言って、ママやパパにしがみついていましたが、結局なんと最後まで
観ることができました! すごいじゃん!!!



・・・ただものすごーーーーく残念だったのは・・・

アンパンマンが窮地に陥り、これからクライマックスに入る!というところで、

「ちっこ! トイレいく!」

 

え~~~~~~?!

しかたがないので、急いで連れて行きました・・・

そして戻ってきた時には、すでにエンディング・・・!!!!!


ゆうた2号は一言、

「おわっちゃったね」

 

どうやら感動のクライマックスだったらしく、
客席に残って1人で観ていたパパだけがうるうる


あぁ、あと一息だったのに~~~


その後、「アンパンマン面白かった?」と聞くと、

「アンパンマン、おわっちゃった」と答えるゆうた2号…。


結局、面白かったんでしょうか…?

でもなんとか観られることがわかったので、また興味のありそうなのがあったら
観せに連れて行ってあげたいと思います

 


nice!(0)  コメント(8) 

一夜明けて [妊娠・出産]

昨日の夜、パパは会社から逃げるようにしてなんとか21:30頃に帰ってきました。

手にはケーキ…。

  (↑パパはいまだにママを「いっちゃん」と呼ぶ(笑))


生クリームたっぷり
の、スポンジケーキ…あのね、パパ…


ママは・・・生クリームが苦手なんですけど?!
知ってるよねぇ?!

昼間から地道にストレスを溜めていたママ(←昼間のストレスはパパの父のおかげ)、
怒りが爆発し、ケーキを食べずにさっさと寝ました。
パパももちろん、しょんぼりして寝ました。

でも、さすがに一夜明けて、かわいそうなことをしたなぁと思ったので、
今日さきほど、ケーキ(のほぼいちごだけ)を食べました

一応ローソクも立てて、火を吹き消したりして楽しんだので、
パパは満足していました。

めでたし、めでたし…ということにしておこう…やさしいな、ママ。←そうか?!

 

昨日いただいたプレゼントをもうひとつだけご紹介。絵本です。

大変失礼ながら、息子が齧っておりますが… ↑このタイトル

しかもストーリーのすごぉおおおく可愛い
泣けちゃうくらい。

どうもありがとうございました

*****************************************************************

ところで、順調に10倍粥を食べているゆうた2号、
明日からはお粥に、ニンジンペーストをトッピングしてみようと思います。

なぜまずニンジンか…?

それは、どの本を見てもたいてい、一番最初に使う野菜が
ニンジンになっているからです。

「クセの少ない野菜から」と書いてあるのに…なぜだろう。
ママにとっては最高にクセのある野菜なのに…

でも、とりあえずニンジンペーストを作ってみよう…。
これまた本によっていろいろな作り方が書いてあります。

ママは結局、

ニンジンを輪切りにして昆布だしで柔らかく煮てからすりつぶし、
さらにその煮汁で伸ばしてペースト状に
しました。

・・・書くのは簡単だけど、試行錯誤しながらだったので、しまいには吐き気
ニンジンの匂いが大っキライなのです・・・もだけど。

ですので、とてもじゃないけど味見ができません。
そこでパパに食べさせてみると…

パパ 「うん、ニンジンだね。」(なぜかキッパリ)

・・・そうだよ、ニンジンだよ
(←また怒る)


前の10件 | - 妊娠・出産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。